ドラゴンストーリー 同窓会編

f:id:hinoasuno:20201127082530p:plain

なんだこれ!?と思う方もいるでしょう わかります

説明させていただくと ドラゴンストーリーとは僕が中学生の時描いていた漫画なんですが ドラゴン星という惑星を舞台にした 人間は一切出てこない(というか当時

人間を描けなかった)冒険マンガなのですが お話を途中で打ち切ってしまったんですよね なんというか幼稚なキャラデザにうんざり 当時の受験 両親の離婚 唯一僕の漫画を読んでいた弟が興味をなくしてしまいモチベーションをなくしてしまったのです

そして15年 僕はこのマンガを「黒歴史」として記憶の彼方に封じました

ところが最近あのキャラ達は今何をやってるんだろう?急に気になり始めたんですよね

そうこの漫画は 昔僕が描いたキャラ達の同窓会です これを描いた後懐かしい気持ちと寂しさがあふれ出て泣いてしまいました 自分が考えたキャラなのに

「こいつら元気だったんだな」と いい歳してこんなことで感傷的になってる自分が情けなかったんですよね おまえ一体いくつだと(32)

あと絵は下手糞ですが これでも当時よりはうまくなってると思う・・ どんだけ

下手なんだよと

 

f:id:hinoasuno:20201127083532j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083545j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083637j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083708j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083724j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083740j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083804j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083828j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083845j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083904j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083928j:plain

f:id:hinoasuno:20201127083942j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084027j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084056j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084113j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084139j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084216j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084233j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084248j:plain

f:id:hinoasuno:20201127084302j:plain










 

スパイダーマン マイルズモラレス 感想

f:id:hinoasuno:20201124112318j:plain

ストーリー

2018年に発売された PS4スパイダーマンの続編で 2代目スパイダーマン マイルズの活躍を描いた作品ですしかし これ2というよりはマイルズを主人公にした

外伝みたいなものだと思います 

f:id:hinoasuno:20201124112552j:plain

まず マイルズとはどのような人物か このシリーズを全く知らない人のために説明させていただきます 前作ではマイルズの父親 警官のデイビスから登場し デイビススパイダーマンと強力し大きな事件を解決したのです

f:id:hinoasuno:20201124112810j:plain

その功績が称えられて表彰式が行われることになりました その時初登場したのが

デイビスの息子マイルズです マイルズはドローンにハッキングできる位の 技術力を持ってましたがこの時点では普通の青年でした

f:id:hinoasuno:20201124113013j:plain

多くの人が集まった表彰式ですが そんな時なんと会場がテロ攻撃を受けてしまいます

f:id:hinoasuno:20201124113121j:plain

f:id:hinoasuno:20201124113140j:plain

デイビスは爆発に巻き込まれ死亡 マイルズとマイルズの母親はかろうじて助かりましたが 心に大きな傷を負ってしまいました

f:id:hinoasuno:20201124113425j:plain

f:id:hinoasuno:20201124113443j:plain

そんな時 スパイダーマンことピーターに出会います ピーターと周りの人々の支えもありマイルズは明るい性格を取り戻していきます

f:id:hinoasuno:20201124113710j:plain

そしてマイルズはある事故に巻き込まれて なんとスパイダーマンの能力を手に入れます ピーターから指導を受け 今作で2代目スパイダーマンとなるのです

前作ではサブキャラクターだったのですが 出番が多いので この時点で続編の構想はあったのかもしれません

f:id:hinoasuno:20201124113952j:plain

物語中盤に手に入れるのですが 今作のマイルズの黒と赤のスパイダーマンスーツかっこいいですね ピーターと差別化してますし なによりマイルズらしいです

f:id:hinoasuno:20201124114208j:plain

ストーリーは マイルズのヒーローとしての成長物語で今作で綺麗に描いてます

新キャラクターは少ないですが どのキャラも印象に残ってます 前作では少ししかわからなかったマイルズの背景を知ることもできます ちなみにこのブラウラーはマイルズの叔父です (つまりデイビスの弟) マイルズのガールフレインドのフィンはなぁ・・

f:id:hinoasuno:20201124114546j:plain

しかしストーリーはちょっと思うことがあって 本作の敵サイドは二つの勢力があって

左側の勢力を率いるクリーガーという悪人を倒すために 右側のアンダーグラウンドという組織がいます アンダーグラウンドクリーガーを倒すために(一応正義のためらしい)手段を選ばなくて それをスパイダーマンが止めるのが物語の大半を占めていています クリーガーを放っておいてつぶし合いをしているみたいで それこそ黒幕の思うつぼじゃないですかしかもラストバトルまでこの流れを引っ張るし

でその肝心のクリーガーなんですが 拍子抜けするほどあっさり逮捕されました

f:id:hinoasuno:20201124115507j:plain

こうなったのはアンダーグランド側が全くマイルズの話を聞かないんですよね

きちんと強力すれば余計な犠牲者は出なかったのではないかとちょっともやっとする物語でした 

システム

f:id:hinoasuno:20201124115831j:plain

全体的には前作と大きく変化はないですが いくつか新要素をいれたり マップは使いまわしですが 前作同様に素晴らしいスパイダーマン体感ができます

f:id:hinoasuno:20201124120028j:plain

ウェブ(糸)を使った移動で まるで空を飛んでいるような爽快感がありましたね

ビルの上もあっという間に登れるし 移動もかなり早く だた街を探索するだけで時間を潰せるんですよね

f:id:hinoasuno:20201124120329j:plain

実際にニューヨークへきているような感覚で これほどのオープンワールドはなかなか作れないのではないだろうか 落下してダメージはないで安心できますね

f:id:hinoasuno:20201124120533j:plain

戦闘は スパイダーマンの能力を生かしたアクションです

簡単な操作で自由に飛び回り ウェブで敵を巻き付けたり 物をぶつけたりと多彩な攻撃ができます(正直早すぎてスクショが撮りずらい)

今作のガジェットは前作より使いづらくなっているような気がしました

しかしこのゲーム 狙撃手凄すぎないか?相当距離の離れた場所から正確に狙い撃ちにされるんだけど・・

f:id:hinoasuno:20201124121103j:plain

そして今作ではピーターにはなかった新しい能力「ヴェノムパワー」を使用することができます ヴェノムパワーとはいわゆる電撃攻撃で ダメージもウェブと比べ物にならない程強力です 前作でイライラさせれた盾を持った敵や重量級の敵をぶっ飛ばせる爽快感はたまりませんでした ゲージをためる必要はあるのですが これで何度も形勢逆転できました この力は物語にも重要な役割をもち ピーターとマイルズの差別化を

うまく作ってると思いました

f:id:hinoasuno:20201124121746j:plain

謎解きは前作のような複雑なパズルのようなものはなくなり マイルドのされてます

主に電気系統を繋ぐものが多いですが しかしスパイダーマンの能力を生かしたギミックをよく考えてるなぁと感心します

ボリューム

f:id:hinoasuno:20201124122118j:plain

f:id:hinoasuno:20201124122140j:plain

各所から言われてるとおり 確かに少ないですね

メインストーリーの前作の半分位で8時間で終われます スキルツリーやサブストーリーの数も少ないほうです だた私の場合は移動するだけも楽しいのでそれなりに時間はかかってしまいました それにゲームとしてのクオリティが高いので十分満足できる

ゲームです よくよく考えてみればこれほどのゲームの「正当続編」をたった2年で作れるわけがないんですよね

f:id:hinoasuno:20201124123935j:plain

総合的にマイルズを好きになれるゲームだったし 楽しかったですね トロフィーは40%ですが 自分からすればこれはやりこんだほうなので・・

f:id:hinoasuno:20201124124208j:plain

次回作については100%出ると思います 恐らく主人公はピーターに戻るでしょう

いよいよ「ハリー・オズボーン」が出てくる伏線もありましたし この物語がどういう

「完結」を迎えるのか期待しています マイルズもよき相棒として活躍するのではないでしょうか

 

映画ドラえもん スタンドバイミー2 感想

f:id:hinoasuno:20201123162130j:plain

フル3Dアニメ ドラえもんの映画の続編です

冒険感のあるいつものドラえもんとはちょっと違いますけど 全体的には面白かったです 私としてはドラえもんの映画は観に行ったのは小学生の時以来でしょうか

f:id:hinoasuno:20201123165147j:plain

物語は「おばあちゃんとの思い出」を混ぜつつ しずかちゃんとの結婚式に逃げてしまった未来の大人のび太を探す騒動が起こる内容ですが 「結婚」という人生の節目を考えさせられる内容でした ちょっとネタバレもあるかもしれないですがレビューさせてもらいます

良かった点

・とにかく3Dの技術が凄く 街の質感やキャラクターも可愛くコミカルに動きます

大人のび太のいる未来世界の街並みは圧巻です

・物語では タイムマシンを使って 過去や未来を行き来しますが 小さい頃から

大人になるまでのび太の半生を見たような気がして しずかちゃんと結婚するのに

感傷深くなる構成になってる

・タイムマシンを使った伏線回収もそこまで複雑ではなく わかりやすいが「ああ

なるほどなぁ」という感心する位にはなっている

・いつも思うがドラえもんは皆キャラクターが暖かい ジャイアンスネ夫

のび太のピンチには助けてくれるし 結婚式では心から応援していました

f:id:hinoasuno:20201123165213j:plain

その中でものび太のおばあちゃんは聖人かと思う位ですね 今回のことでおばあちゃんに心残りは全くなかったのだろうな

・最後の大人のび太のスピーチは感動です まるでよく知る友人の結婚式にを見てるような感覚でした

・以前から気になっていた「しずかちゃんがのび太と結婚したのはのび太があぶなかっしくて放っておけないから」をこの映画は完全に否定してくれました その理由は

ぜひ映画を見てください

ジャイアンは大人になっても歌はうまくなってなくて笑った

のび太のママはいつも怒ってますが のび太を愛しているのがよくわかりますね

気になった点

・3Dがよいと書きましたが ドラえもんはいいのですが 人間キャラクターが正直不気味で好きになれません なんというかリアルとアニメ調が中途半端に混ざっているような・・ 動きがいいだけにかえって違和感を感じます

f:id:hinoasuno:20201123165518j:plain

・本作では大人のび太のいる未来にいきますが 明らかに科学技術がおかしいです

正直最初は23世紀かと思った位 都市が未来的だし オートで帰宅できる自動車

雨をガードしてくれる電子傘 結婚式場の魔法のように現れるウエディングケーキ

完全に我々のいる現代を上回っていて「ここまで科学技術が進化しているわけんーだろ!」と何度も心の中でつっこみました さすがにロボットはいなかったけどね

・大人のび太の声優さんの演技ですが・・ひどくはないものの やはりベテランの方に混ざってるとやはり浮いてるように思えます

f:id:hinoasuno:20201123170341j:plain

・事態をややこしくしてしまったある ひみつ道具の「欠陥」なんですけど

未来デパートの人が白々しいです 回収しにきたのはいいんだけど うちに商品は安全ですとか言っておいて「実はこういうのがありまして・・」とは欠陥だと認めてるじゃねーかと 下手をすれば取り返しのつかない事態になっていたのでなんだかなぁと

映画【STAND BY ME ドラえもん】子供も大人も、ドラ泣きできる名言を5 ...

「ドラ泣き」は意識が高いと思いますが 1本のドラえもん映画としては

家族で楽しく見れると思います ドラちゃんが可愛いが個人的に一番の魅力なので

ぜひ劇場をご覧ください

 

ホロライブ 秋の運動会 感想

https://youtu.be/FNMXvXf1u8M

ホロライブ所属のVTUBRE達 マインクラフトを使った運動会です

前から楽しみにしてましたが ここまで素晴らしい企画になるとは思いませんでした

ホロメンの皆様 お疲れさまでした

これの何がすごいって 

1・まず全員ではないにしろ20人以上のメンバーがそろって

同じマイクラに揃うってめったにないんですよ 彼女たちはそれぞれライブ配信があり忙しい時期から時間を作りこの日のために集まってくれたんですね

2・この企画って会場作りから ルール作り 大会の進行まで 運営の方は一切出ず(

もしかしたら裏方では手伝っているかもしれませんが)ホロメンでやってるんですよね

以前から会場作りはライブで見てましたが ここまで凝ってるとは思いませんでした

競技自体は最後まで楽しくやってる感じでしたね ただ赤組白組 お互い僅差の勝負だったのでそれなりに盛り上がったのではないでしょうか

なんだか小学校の運動会を思い出しましたね

第1回ということは来年もやってくれるのでしょうか・・?来年はリアルタイムで見れるかわかりませんがまた 見たいですね

後僕の推しは はあちゃまとさくらみこです

 

 

マザー2のナネットを作ってみた

f:id:hinoasuno:20201117234100j:plain

3D制作が趣味なのですが 前からやってみたかったマザーの 街を作ってみました

f:id:hinoasuno:20201117234219p:plain

帝国歌劇団! いやこれはちがう

f:id:hinoasuno:20201117234257p:plain

これが全体像です 全体的にオブジェが明らかに少ないですが 体力的に限界がきてここで終わりです

f:id:hinoasuno:20201117234351p:plain

よく見ると道路もでこぼこで雑ですね 木が浮いてるじゃないか・・

f:id:hinoasuno:20201117234441p:plain

ただこれを自分が創ったと思うと感動します マイクラやりこんでる人には遠く及ばないですけどね

f:id:hinoasuno:20201117234621p:plain

上から

f:id:hinoasuno:20201117234702p:plain

後ろから ちょっと絵が寂しいですが2Dじゃわからないですね

制作時間は6時間位です ちょっと目標が大きすぎましたね

FF7 リメイク ミッドガルの歩き方 感想

f:id:hinoasuno:20201115114551j:plain


スクエニから出ているFF7リメイクの書物 誤解しないでほしいのですが

本書は攻略本でなくスタッフがゲームを隅から隅まで調査したファンブックみたいなもので 100日2000時間の調査をしたという。よほどこのゲームに愛がなければできない密度なので 感服しました いくらなんでもここまでやるかと

コーナーは大きくわけて3つある

・反抗

主に戦闘システムの検証です しばりプレイはもちろんのこと マテリアなしクリアまでいけるのだとか カエル状態でボスと戦えるのかだとか 細かく記録されています

本当にこれでクリアまで行ったのだからすさまじい苦労があったのでしょう

・調査

ミッドガルを隅々まで歩き この世界観を考察しています

・誰も気にしないような小動物の写真を全てとってます すぐにいなくなるハトの数まで全部数えているのかよ(汗

・エアリスが子供の頃に書いたあの大きな絵をじっくり見れる よく見るとエリアごとに描いている動物にパターンがあってエアリスの心情を表してるみたい

・モブを調べてミッドガルのオシャレにせまる しかし奇抜な髪型の人が多いなミッドガルは

・6ページにもわたる ウェッジ(アバランチのぽっちゃりした男)のコーナーが

あるのは笑ったスタッフに愛されすぎだろ

・知見 

FF7の知識や設定を振りかえる これまででてきたFF7の関連作品を含めて

より世界観に没頭できる

本書は160ページ程のボリュームがあるが 恐らくここに描き切れなかった苦労もあるかと思いますそれくらいFF7への愛を感じる一冊でした

なんかまたゲームがやりたくなってくるね

 

ロロナのアトリエ アーランドの錬金術師 DX 感想

f:id:hinoasuno:20201110141427j:plain

アトリエシリーズ知名度を上げ リメイクや移植が複数でている いまや

アトリエの金字塔のような作品 ですね

ストーリー

f:id:hinoasuno:20201110142209j:plain

・アーランド王国の錬金術士アストリッドが働かないため王国はアトリエの閉鎖を決定

ほぼ押し付けられるような形でアトリエの店主になったアストリッドの弟子ロロナが

3年に渡って王国から出る課題を3ヶ月ごとにクリアしていくお話です

・アトリエの原点回帰のようなストーリーで 世界を守るのためでなく お仕事として課題をこなします 登場人物はクセがある人がいますが ギスギスした展開はなく

ほぼ善人でほんわかしてますね

主人公のロロナは天然で優しい少女ですがお人よしすぎて ちょっと酷い目にあうことが多い(主にアストリッド関連

f:id:hinoasuno:20201110143245j:plain

私の推しはクーデリアとステルクで クーデリアはロロナの親友で ツンデレの典型みたいな子で 誰と絡んでも面白い反応が見れるので PTの組み合わせはちょっと楽しかった ちなみに大人になっても慎重は伸びていない

f:id:hinoasuno:20201110143637j:plain

ステルクはアーランドの騎士で3年間ロロナを支えてくれました

騎士道精神を形にしたような 礼儀正しく紳士な大人なんのですが 周りの変わり者に振り回されることが多く アーランドシリーズでは一番気苦労がたえない人かと

f:id:hinoasuno:20201110143609j:plain

賛否両論なのがアストリッド 本来王国課題は彼女がやらなければならないのですが

特に何もしていないんですよねこの人 アトリエでも寝てばっかりだったし

アストリッドの師匠のことを考えると彼女の性格にいたるのはわからないのでもないが

続編でやらかしてるし あまり好感のもてるキャラクターではありません

システム

f:id:hinoasuno:20201110144526j:plain

f:id:hinoasuno:20201110144559j:plain

アトリエシリーズの醍醐味である調合ですが 現在の新シリーズと比べるとマイルドなものになってます 本作は課題をこなさないとそのままゲームオーバーになるため

全ての行動を計算して行動する必要があります

王国課題自体は難易度は高くないですが その他の依頼やキャラの好感度を上げておかないといいエンディングにはたどり着けないので注意

ちむを使えば変わりに調合 採取をしてくれるので うまく使えば課題で大きく役に立ちます

f:id:hinoasuno:20201110145059j:plain

f:id:hinoasuno:20201110145118j:plain

戦闘も現在の先端されたもとは違いマイルドなものになっていて ウェイトターンコマンドバトルになっています 戦略性はそこまでなくアイテムを使うか技を使うかしかありません ステルクを鍛えておけばザコ戦では苦労することはないと思いますが

このゲームはクリアするのに強い敵を倒す必要がないんですよ ですがアトリエって本来こういうもので 最近のがなんだがRPGよりになっていてらしくないのだと感じます

・面倒なのが 仲間をPTにさそうにお金 雇用費を払わなくてはいけない所ですかね

あくまで仕事だからという名目ですが この使用がゲーム的に面白くなるはずがなく

後のシリーズに受け継がれなくてよかったと思います

・最強のキャラはアストリッドですが 雇用費がアホみたい高いのでおすすめしません

すぐに金欠になります こんな所まで性格が出ていますね

延長戦

f:id:hinoasuno:20201110150528j:plain

f:id:hinoasuno:20201110150550j:plain

ゲームをクリアすると 1年延長で未来からきた トトリとメルルを未来へ無事へ帰す

ストーリーが始まります タイムパラッドクスとかそんなことを気にすることもなく

あっさり始まるのがアトリエらしいですね

・今作はアトリエ入門への作品にはぴったりなゲームだと思います

最新作と比べると劣る所もあるかもしれませんが アトリエはここから進化してきたんだと感じます ライザ2の前にやってよかった