PS4テイルズオブヴェスペリア リマスター クリア

f:id:hinoasuno:20200918204120j:plain

スイッチ版をなくしてしまったので PS4版を購入しました 最初は暇つぶし程度だったのですが やはりテイルズシリーズでも名作であってか 最後までやってしまいました トロフィーは32% もう3回目くらいか・・

f:id:hinoasuno:20200918204317j:plain

f:id:hinoasuno:20200918204342j:plain

ヴァスペリアはPTが非常に魅力的ですね 個性的なキャラクターな上に

PTの仲はよく チャットは見ていて楽しい

自分のお気に入りはエステルで 最近テイルズは男勝りな女性キャラクターが多いですがエステルのような おしとやかさと優しさに溢れたヒロインが私は好きですね・・

f:id:hinoasuno:20200918204709j:plain

グラフィックは テイルズの一つの完成点とも言え 10年前というか

もはや最新作と言ってもよい位です

残念ながらテイルズはこのグラフィックを引き継ぐごとなく 違う方向へ進んでしまったのはもったいないと思います エクシリアの等身が嫌ってわけじゃないですが

テイルズ特有の「かわいさ」はなくなったよね

個人的に印象に残ってるシーン

・ハルルの花咲き

f:id:hinoasuno:20200918205104j:plain

エステルの「咲いて」からハルルの花が満開になる場面

ここのアニメーションはとにかく美しくいです

・ラゴウ キュモール暗殺

f:id:hinoasuno:20200918205343j:plain

f:id:hinoasuno:20200918205401j:plain

f:id:hinoasuno:20200918205424j:plain

評議会の権力を利用して 罪を軽くしたラゴウ

法律で裁けない悪をユーリが制裁します ヴェスペリアで一番有名な場面でしょうか

ヴェスペリアまでテイルズシリーズの主人公って結果的には相手の命を奪ってしまったのはあったのですが 自分の意志で殺人をやったのはユーリは初めて

このシーンは当時自分には衝撃的でした ラゴウはてっきりフレンがなんとかして

捕まえると思ってたので

f:id:hinoasuno:20200918205845j:plain

キュモールは直接手を下したわけではないですが あれは事故とはいえ

ユーリが殺したようなものですね しかしラゴウはともかく キュモールは

戦闘になることもなく 物語から退場するとは・・

・パティ 関連

f:id:hinoasuno:20200918210224j:plain

パティはPS3版からの追加キャラクターですが 違和感なく物語に溶け込んでいます

というかパティがいないヴェスペリアって嫌なくらい

パティの正体は アイフリード本人です 「~じゃ」口調は実はその名残りかわかりませんが 可愛いですよね

f:id:hinoasuno:20200918210626j:plain

このシーンは盟友との再会だったということになるが この時は互いにわからないままだったのは切ない

f:id:hinoasuno:20200918210756j:plain

大体の人は察すると思うが パティが記憶を取り戻したのはこのタイミングである

この後 アレクセイへの怒りを妙に表すパティですが 少女になった理由

結果的にサイファーを殺すことになったには 過去にアレクセイが関わっていた

事件があったからです

・カロルの成長

f:id:hinoasuno:20200918211110j:plain

ユーリは 20代ということである程度は人間性は固まっており 最後までブレないキャラですが この物語はカロルの成長物語でもあります

最初こそ 優柔不断な所がありましたが 旅を通じて成長していく所です

特にユーリ達が魔物に捕まり 動けなくなった所に一人で立ち向かう所

かっこよかったですね 

・ドンのけじめ

f:id:hinoasuno:20200918211536j:plain

個人的に一番好きなシーンで 結果的にヴェリウスを死なせてしまった責任として

ドンが首を差し出す ギルドの掟の厳しさと責任 それを感じるシーンですが

ドン自体もユーリが認める程 すごいじいさんでしたね

手をかけたのもユーリなのも切なかった

・レイブンの裏切り

f:id:hinoasuno:20200918211914j:plain

f:id:hinoasuno:20200918211950j:plain

最初からどことなく 怪しい雰囲気を出していたレイヴンですが

帝国の騎士で アレクセイの部下だったことが判明

このシュヴァーンとして口調まで変わってるのは驚きました

エステルの奪還

f:id:hinoasuno:20200918212319j:plain

ここもよかったですね 道具として扱われるエステルが痛々しく早く助けてあげたい

という気持ちでプレイしました 

・劇場版の逆移入??

f:id:hinoasuno:20200918212545j:plain

ユーリの騎士時代を描いた映画に出てくる先輩騎士が サブイベントに登場します

こういう遊び心好きですね

・決戦前夜

f:id:hinoasuno:20200918212808j:plain

f:id:hinoasuno:20200918212847j:plain

テイルズ恒例の決戦前夜ですが ヴェスペリアは 2人一組で

これまでのことを振り変えつつ 新しい世界へ生きるための決意をします

どの組も感傷深い会話でしたね

f:id:hinoasuno:20200918213139j:plain

この雰囲気 好き

・デュークとの対峙

f:id:hinoasuno:20200918213122j:plain

f:id:hinoasuno:20200918213318j:plain

ラストバトルの デュークとの対峙

これまた珍しい組み合わせで 物語の黒幕はすでにこの世にはおらず

ユーリ達はデュークと 深い因縁があるわけでもありません

お互い世界を救うために 互いに譲れないものの戦いという

正義をつき通すRPGにふさわしい最後ですが デュークの世界を人間の都合のいい

ように作り変えてるというのを エステルの世界が進化の途中と反論するのも

よかったですね

気になってる点

・当時のテイルズは ミニマップやストーリーナビがないため 攻略サイトを見ないと

どこへいけばいいのか 迷うことがしばしばある

特に後半のダンジョンは複雑で 同じ所は何度も行き来する

・ザギは何者だったのか?

f:id:hinoasuno:20200918214059j:plain

何度もユーリ達に戦いを挑んでるくるザギだが

戦闘狂ということ以外 よくわからないまま退場してしまった

それのこの体誰に改造してもらったのだろう

・ユーリの罪は??

f:id:hinoasuno:20200918214345j:plain

ラゴウ キュモールを暗殺したユーリだが これも当然法律上では許されることではない ユーリの行いは善か悪か 結局捕まるのか あいまいな物語は終わる

これに触れらなかったのは 本筋でないからだろうが腑に落ちない部分ではある

ユーリの投獄エンドも構想にあったらしいのですがやはり後味が悪いということでボツになったらしいですね

・ラストが物足りない

このヴェスペリア 壮大で感動的な物語ではあるのですが ラストは星はみを倒し

やったー!と 拍子抜けするほどあっさり終わる

せめてエステルがナレーションでその後の世界を少し説明するだけでも

感動的になる演出があったのではないだろうか EDでその後のユーリ達の挿絵はあるのだが物足りないなぁ

 

全体的のはテイルズの中でも上位に入るほど面白い作品です

それだけに「正当続編」を出してほしいです

気になることが多すぎるんだよ この世界・・

・ブラスティアがなくなったことによる混乱

世界を救うため 全てのブラスティアを捨てることになったのですが

エクシリア2のオリジンのような 代わりになるような物が確立されたわけではなく

いきなりのことで世界規模の混乱が起こったと思います

それをどう解決していくか見たいし もしかしたらユーリ達を非難する声も上がるかもしれません それにどう向き合っていくのか

f:id:hinoasuno:20200918215639j:plain

ただこの世界はブラスティアがなくなった変わりに 精霊とマナが生まれた世界です

これが何を意味するのか やろうと思えば続編はできそうなんだけどな・・

まあ無理なんだろうけど

 

というわけで楽しかったです というかバンナムさん

テイルズ新作早くだしてください

映画 はたらく細胞 感想

f:id:hinoasuno:20200911185056j:plain

細胞を擬人化した 人気アニメの劇場版作品

映画オリジナルストーリーではなく2期の1~3話あたりを編集したものだと思います

それでも1本の映画としてはよくまとめられてますし バトルシーンも迫力ながら

コメディテイストなので 気持ちよく見られます

内容はこれまで目立ってなかった一般細胞に焦点をあて

偶然出会った乳酸菌と絆を持ちながら 腸で起こる大問題と

復活したがん細胞との闘いでの大騒ぎを描いてます

・キャラクター達には当然おかしな行動をとる時がありますが

それにはきちんと医学的な意味を持たせていて 医学と娯楽のバランスがとれてますね

ちゃんとナレーションによる説明も入りますしわかりやすいです

・一般細胞と乳酸菌達の友情は 短い時間ながら感動しました

何も能力がない細胞だからこそなんだよな・・

・今回の白血球ですが 彼の強さとやさしさが見えます

白血球という仕事を全うする使命感が強いキャラクターですが

他の細胞の意見もかたくなに否定することをしないのがいいですよ

・復活したがん細胞ですが 強大な敵として描かれています

彼の能力も がんがいかにやっかいなものか アニメながらわかりやすく伝わってますね 後CV石田彰さんの演技力もあって 緊迫感の演出になってました

倒し方ついてはちょっとあっさり感はありましたけどね

・今回は赤血球はあまり目立ってなかった印象ですね  物語自体が一般細胞に焦点を当てたせいかも まあ血小板ちゃん達を避難へ誘導したり お姉さんらしい所は

ありましたけどね

・血小板ちゃん達はいつもながら癒しポジョンです

映画でのマナー説明の動画が3分くらいあるのですが ここらへんが可愛くてしかたありませんでした

・キラーT細胞とメモリーT細胞の痴話喧嘩が面白すぎる お前ら仲いいだろと

・最後はご都合主義な展開ですけど それでも医学的には根拠はあるようですし

何よりハッピーエンドで何よりでした

自分達の体の中でこのようなことが起こってると思うと面白いですね

蒼の彼方のフォーニズム 感想

f:id:hinoasuno:20200906170706j:plain

大空を舞台としたフライングサーカス (Flying Circus, FC) と呼ばれる架空のスポーツを題材にしたADVです

・よかった点

本作は恋愛ADVとなってますが どっちかというというと 青春スポーツ物という印象(主にあすかルートですが)

・FCは空を飛べる靴「グラシュ」を履き 空で一対一で 制限時間内にポイントを

取り合うスポーツです 細かいルールやその裏にあった歴史などかなり細かい設定がつくられており まるで本当にFCが現実にあるような錯覚を覚えます

・主人公は元々 有望なFC選手でしたが あらゆる大会に優勝するごとに回りからの期待のプレッシャーに耐えられなくなり 好きだったFCをやめてしまったトラウマを持っていました(まあこれがわかるのが終盤ですが

f:id:hinoasuno:20200906173243j:plain

なんの因果が学校のFC部のコーチをすることになったので その過程でヒロイン達との絆でFCの情熱だとか好きな気持ちを取り戻していく物語だったかなと

・ヒロイン4人やサブキャラクターも含めて 個性の強い登場人物が多く登場します

主人公とヒロイン達の掛け合いも面白いのですが 主人公の四苦八苦しながら指導し

成長していく姿はスポ根ではお約束かもしれませんがとても感動しました

・FCの試合はADVでありながら挿絵と演出のうまさでスピード感あふれるものになっています 主人公は基本セコンドについてますが ヒロイン達との連携は熱かったです 作中FCの常識を覆すような強力なライバルが登場しますが 最後の「FCを楽しむ」「ヒロインと絆を結ぶ」という想いで最後は勝利する アスカ ルートが一番好きでした

あとえっちなシーンもギリギリな範囲であります

・気になった点

・全ルートを攻略しないと全ての登場人物の過去を知ることができない

まあこれはADVではよくあることなんですが

・このゲームなんと全てスクショ禁止です なんで???

ミニゲームもあるがいらないと思う

・イリーナのやり方が汚すぎる 最後は和解するし 改心するしそれなりの背負ってるものものがあるのはわかるけど やはり褒められるものではない 物語を盛り上げるには必要だったかもしれませんが 他に見せ方はなかったのかと

 

架空のスポーツを扱った作品で恋愛ADVでもかなりボリュームがあるので長く楽しめると思います 全ルートクリアした時はこの部活メンバーが好きになっているでしょう

 

 

 

キスベル 感想

f:id:hinoasuno:20200901165238j:plain

ストーリーはある理由で全裸で女の子を追いかけまわす ことになった主人公が

罰としてクスリマス準備会に手伝いをしながら その過程でメンバーの少女達と

恋におちるお話です

メインヒロインはサブヒロイン2人の 6人います

f:id:hinoasuno:20200901165802j:plain

今作の主人公はあまり頭がよくなく 全裸の前科もあるため 準備会メンバーからいじられることが多いです すこしヘタレっぽいですが ナヨナヨはしておらず

やるときはやる性格でした

f:id:hinoasuno:20200901170138j:plain

f:id:hinoasuno:20200901170207j:plain

物語がクリスマス会準備期間ということで 恋人になっても 忙しいせいか

彼女と思い出作りをするというイベントはほとんどなかったのが残念です

メインヒロインでは デートイベントがあったのはなんと一人だけです(泣

それに年末年始は テストや進路などで学生は忙しい時期だからなぁ

f:id:hinoasuno:20200901170604j:plain

個人的にヒロインで気に入ってるのは綾乃で主人公の姉のような立場で

よく主人公をいじったりからかったりするお姉さんだったのですが

√では恋人になったら主人公との距離感に急に恥ずかしさを覚えるギャップが

可愛かったです

f:id:hinoasuno:20200901170910j:plain

ルートをクリアすると各ヒロインにウェディングイベントが見れますが 1分程度です

てか皆けっこう際どい花嫁衣装なんですけど・・特に綾乃姉さんは胸がでかいので

普通のCGでもいやらしく見えるから困る(笑

 

f:id:hinoasuno:20200901171238j:plain

恋愛ADVは基本√に入ると他のヒロインはほとんど 出番がなくなるのですが

今作はどの√でも だいたい全キャラクターが絡んでくるのが意外でした

主人公の恋を邪魔することになく応援しているのも好感でした

f:id:hinoasuno:20200901171716j:plain

サブヒロインですが キャラクターデザインが別の方らしく 同じ画面に立ってるのに

違和感がありました シナリオもちょっと 強引な所が多くこっちに関しては評価が低いです

 

一区切り

今日は13年務めた会社の正式退職日です まあ先月から有給とってますから

事実もう辞めてるのですが

でこの一か月半何してたんだというと

遊んでました

コロナのせいで旅行などには全くいけませんでしたが

ゼノブレイド

ゴーストオブツシマ

創の軌跡 など

本来なら数か月かかったであろうゲームをクリアできたし

気になっていたアニメも一気見して夢のような時間でした

しかしいつまでも遊んでいるわけにはいきません

9月から本格的に就活を始めなくてはいけません

しかし正直あまり乗り気ではないんですよねぇ

もう今年いっぱいは 遊んで暮らしたいが親戚達に叩き潰されるし

がんばります

 

英雄伝説 創の軌跡(はじまりのきせき) 感想

f:id:hinoasuno:20200829211119j:plain

おおきなネタバレはありません

ストーリー

f:id:hinoasuno:20200829211452j:plain

前作の閃の軌跡4から約半年後を描き リィン ロイド Cの3人の主人公を中心に

新たな物語が描かれます

後日談ということで前作の後処理程度かと思ってましたが 想像してより大きな事件となったのは驚きました 前作で黄昏という困難を乗り越えた英雄たちにまたしても

試練がくるのは気の毒に感じました

f:id:hinoasuno:20200829212049j:plain

f:id:hinoasuno:20200829212118j:plain

主人公3人はそれぞれ見せ場がありましたが 個人的にはロイドを中心にしたストーリーに感じました クロスベルは何度も危機に逢いましたが 特務支援課の絆は熱く

また彼らの活躍を見れたのはうれしく思います

f:id:hinoasuno:20200829212426j:plain

Cの正体は賛否があると思いますが 物語を考えると納得のいくものでした

ただ発売前の考察を多くネットで見てきましたが 正体に関して期待しすぎじゃないかと

f:id:hinoasuno:20200829212640j:plain

f:id:hinoasuno:20200829212657j:plain

今作の新キャラはラピス スウィン ナーディアですが 好感のもてるキャラでした

メインで出てくるのは今回だけなのがもったいない位

ラピスはローゼンベルグ人形ですが 人間らしい性格をしており そうなったのも意外な人物がいました ちなみに味も感じて食事も可能 本作のヒロインでしょうね

Cのネタバレになるので彼女のことは多くのことを語れないのが残念です

f:id:hinoasuno:20200829213100j:plain

f:id:hinoasuno:20200829213206j:plain

黄昏に匹敵するほどの困難でしたが だからこそカタシルスの得られるEDになっています 長く続いた特務支援課と7組の物語も一区切りし 次回からは新しい英雄達の物語になるそうですね 特にリィンが好きな私としては寂しい気もしますが これ以上は鈍足だろうしな

で肝心の「結社」なんですが 今作は「ほぼ」無関係であり 執行者は全然出てこない上 前作で謎だった部分はほとんど明かされません 前作が集大成なら今作は本当の意味での一区切りなのでしょう

システム

OPアニメーション

・ご存じでしょうが 今作からアニメーションが廃止されてます

ゲーム中のムービーを使うOPはあまり好きではないんですよねぇ

ネタバレを見てるような感じだし

戦闘

 

f:id:hinoasuno:20200829214202j:plain

f:id:hinoasuno:20200829214224j:plain

閃の軌跡シリーズから大きな変化はなく クラフト アーツ 移動を使い分けるコマンドRPGです 新要素としてヴァリアントレイジがあります

アサルトゲージを使い戦闘に有利に働き便利でした

・ヴァリアントアタック……全体攻撃、BP2上昇、CP回復など
・ヴァリアントアーツ……全体攻撃、BP2上昇、EP回復など
・ヴァリアントヒール……BP2上昇、HP回復、全状態異常・能力低下解除など

気になる情報があるのですがなんでも次回から戦闘システムが変わるらしい

確かに きりがいいのでここで新しくするのはわからないのでもないですが

軌跡でやる必要はないのでは・・・??ここが不安要素です

それに歴代キャラクターもいつかはゲスト参戦するでしょうし 新しい戦闘システムに

組み込むには面倒だと思うのですが・・?

・クロスストーリー

f:id:hinoasuno:20200829215343j:plain

主人公の視点を任意で切り替えることができます 全体的に見ると物語の壮大さを感じますよね 一気に最後までプレイすることはできず ある程度進めないと プレイできない開放型のチャプター形式になっています

夢幻回廊

f:id:hinoasuno:20200829215554j:plain

本作のもう一つのメインとも言える 大規模のダンジョン このダンジョンをクリアしていくことで 様々な装備やミニゲーム やキャラクターを入手していくことができます

f:id:hinoasuno:20200829215957j:plain

空の軌跡3Dの要素を取り入れたものですね 黄昏のその後のキャラクターエピソードを見ることができ 中には次回の伏線もあります あとセドリックが執行者になったのはガチらしい

やりこみ要素は釣りなのを除けば全て夢幻回廊に詰め込まれています

今作はサブクエストや絆イベントが廃止になってるので逆に言えば 

メインストーリーではストーリーを進めること以外やることがありません

うまく切り替えながらゲームを進めましょう

f:id:hinoasuno:20200829220516j:plain

というわけで楽しませてもらいました 今は時間がありこんなに早くRPGをクリアしたのは久しぶりです

作中でも本人達が言ってるのですが エステルとヨシュアから始まったこの物語は

いつのまにか縁が縁を結んで 大きな力となりましたね

次回の軌跡でどんなキャラクター達が出てくるのか非常に楽しみです

もう思い残すことはありません←(冗談