大逆転裁判1&2 成歩堂龍ノ介の冒険と覚悟

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- ダウンロード版 ...

逆転裁判の約100年前 19世紀末の大日本帝国と大英国の倫敦を舞台にして

ナルホドの先祖 成歩堂龍ノ介を主人公にした大法廷活劇

本作は3DSで発売された 大逆転裁判1と2がセットになってより遊びやすくなった

移植作品です 本作は逆転裁判シリーズではありますが ストーリー的には繋がりはなく このシリーズから初めても問題ありません 1では多くの謎を残して終わり2でそれが全て綺麗に回収され この2つで一つの壮大な物語となっています

ストーリー

主人公のナルホドが英国へ留学し そこで弁護士として成長していきやがて英国の闇に踏み込んでいくストーリーですが 今作のよかった点は 当時の時代設定がよくいかされていたことです 段々世界観がおかしくなってきている逆転裁判ですが 今回はそれなりにリアリティがありました(それでもぶっ飛んでる所ありますけど)

画像

まず今回の物語は8割ぐらい倫敦なのですが その町並の背景の細かさに驚きました

恐らく空想的な部分はあるものの 当時の倫敦を違和感なく再現しています

事件の捜査も現代では当たり前に行っている科学的捜査も当時ではまだ未知の領域でありあくまで当時でできていたであろう捜査を行っている

登場人物達の事情も当時の時代にそっており 貧困からスリをしているものや 裕福家庭だと世間から思わせるため妻をメイドの服をきさせている家庭など 設定がこだわっているように感じました

・そして今作では今までの逆転裁判ではなかったような展開が多かったきがします

まず主人公が初めから弁護士ではないことや そもそも法廷パートがない話もある

大逆転裁判』第3話は集合馬車の密室事件…法廷で“コゼニー ...

中でも驚いたのがこのコゼニー・メグンダルです メグンダルはナルホドが英国で初めて弁護をする依頼人なのですが 彼はあるゆる証拠を偽装した疑いがあり 法廷でも怪しい言動が目立ち主人公もプレイヤーである私も「こいつ本当に無実なのか?」と頭を悩ませることになりました そしてその結末もなんともすっきりしない衝撃の終わり方でした

・一番褒めたいのは今作の物語の壮大さ伏線回収です

今作は司法そのものを揺るがす裁判もあり 下手をすると外交問題を超えて戦争にまで発展しかねないものもあり 得に2ではこういう話が多くかなり緊迫感がありましや

画像

これまでの謎や事件が間接的にではありますが 巨大な権力を持った黒幕に繋がっていおり 最後の法廷はまるでこれまでの物語がこの裁判のためにあったような 感動を覚えました その黒幕を追い詰めたとき物語は大団円で終わります まるで長編小説を読み終えたようなカタシルスがありました

システム

大きく分けて依頼人の無実を勝ち取る裁判パートとあらゆる証拠を集める探偵パート

があります

画像

探偵パートでは名探偵シャーロックホームズとの共同推理があります

ホームズの推理はずば抜けてはいるのですが ずば抜けすぎて多少誤ってる所があります

画像

この推理を修正して完璧な推理にするのが共同推理です 裁判ではないのですが実はこの推理も事件に無関係でなかったりするので侮れない

しかし皆ホームズの推理はすごい!って言ってますけどこれ結局全部 間違ってるってことなんじゃ

・証拠集めですが 相変わらずわかりずらい ダンガンロンパみたいに 未確認の場所をわりやすくしてくればいいのに

画像

裁判パートでは 証人の嘘を見抜き 証拠品をつきつけ嘘を追求します

今作は時代設定だけに科学的なチートアイテムは登場せず あくまで現実的に推理しているのがよかったです(嘘をついているのがわかる腕輪とか反則だろ)

・しかし今回も難しかったと感じます トリックそのものは複雑ではないのですが

意外な人物が偽装工作をしてたり なかなか侮れませんというか私に推理力が悲しいほどありません そんな人のために今作では「ストーリーモード」というものがあり

ストーリーを自動で進めてくれるシステムがあります 正直お手上げな時は何度かつかいました

画像

英国の裁判は日本になかった陪審員制度を使っており陪審員の投票で判決が決まる

陪審員を説得するため 有罪の根拠を述べますがその証言の矛盾どうしを指摘します

これも難しかったです 全員の証言をよく考えなければいけないので

というか今回の裁判 プレイヤーに与えられている情報が少なすぎるような気がします

まあ言い訳ですけど

キャラクター

画像

逆転裁判はその個性的なキャラクターが登場します 本作も美形からイロモノまで多様な登場人物が出てきます 一見裁判というのは地味なのですが このキャラクター達と

緻密なストーリーで 大きく盛り上げていると感じます

成歩堂龍ノ介

画像

本作の主人公で これまでの1~6まで出てきた「ナルホドくん」の先祖にあたります

これまで主人公交代に迷走してきた逆転裁判ですが ここで先祖を出すというアイディアはよかったです ほとんど成り行きで弁護士になったため 最初こそは目が泳いでいるどこか頼りない青年でしたが 多くの裁判や仲間と出会ってきたことにより 弁護士として成長していていきます もとより洞察力がかなり高いんですよね

画像

個性的な登場人物達の中では常識人のため 周りに振り回されるのもしばしば

このジト目は子孫であるナルホドと血の繋がりを感じるものがありますね

とにかくクセがなく好感のもてる主人公だったと思います ただ家族はどうなってるのか一番バックボーンが謎な人でもある まあプレイヤーの分身だからなんだろうけど

スサト

画像

本作のヒロイン(だと思う)ナルホド法務助士です

昔の日本人らしい大和なでしこな女性で誰にでも敬語を使う 天真爛漫なマヨイちゃんとは違った魅力がありました

画像

法廷では常にナルホドと共に戦ってくれます 助手としても優秀であり ナルホドにとってもいなくてはいけないパートーナーのような存在ですね

真面目ですが堅苦しいこともなく 天然な所もある所もよかったですね

ちなみにホームズの大ファンでもある

画像

2の第1話では弁護士として法廷に出る 女性の弁護士が許されない時代なので

男装をするのです

画像

どうでもいいが こんな仕草じゃすぐ女の子だとばれてしまうんじゃと ゲームしながら思いました(笑

シャーロックホームズ

画像

世界的有名な名探偵 今作の重要人物の一人 彼の推理力はその名にふさわしいほどすごいといわれている

破天荒な性格で 周りをひっかきまわす(得にナルホドは酷かった気がする笑)

のが気になりましたが 彼の助言が大きな大逆転に繋がることも 作中でもかなりの大物として書かれてます 意外にも真剣に話すこともあったりと どこか憎めない人でもありました ちょっとチートすぎる気もしますけど 守れなかった人もいますし

決して完璧超人はなかったのです

画像

ポジティブを絵で描いたような人なので この顔にはさすがに爆笑しました

アイリス

画像

ホームズの助手の少女 とにかく 可愛すぎます 

いわゆる天才少女で10歳でありながら 大人たちの会話にもついていけるし 色々発明も料理もできたり 時にはナルホドの法廷助士になったり本当にできた女の子です

画像

天才ではありますが 大人びてるというわけではなく 年齢相応に好奇心が旺盛だったりします 彼女の出生は明るくはなかったものの 基本明るくて 大人の事情にも理解がある魅力な少女ですが 実はナレーションにミスリードがあるのですが・・

画像

そんな顔されたら 飲まないわけにはいかないでしょ

グレグソン

画像

英国の刑事 なんか小物っぽいけど これでも有名な刑事らしい

ナルホド達に対しては捜査に色々強力してくれて 証人として裁判に出てくることもあります 彼の正体は衝撃ではありましたが 本人なり正義があったと信じます

画像

ある理由でアイリスに対してはこの態度である(ロリコンではない)

バロック・バンジークス

画像

今シリーズのライバル検事です 検事としても優秀であり 彼の法廷では 無罪にしろ有罪にしろ被告人はなぜか様々な形で死亡するので「死神」とよばれる男

日本人を憎んでおりナルホドに対しても高圧的な態度で言葉を交わします

強面ですが 何度も何度もナルホドと法廷を重ねるうちに弁護士と認め合っていくという敵ながらも渋くてかっこいいキャラクターだったと思います 意外に友人想いな所もあり

逆転裁判シリーズの中でも好きなキャラクターだったりします

この「死神」が今作の最大の謎の一つでもある

画像

 

しかしこの人 裁判中に何本酒割ってるんでしょうね というかどっから持ってきてるんだろう・・

ジー

画像

私的な真のヒロイン スリの少女で他人 得に大人は信用していませんが彼女の事情を考えると仕方ないものもあり当時の貧困層や孤児について考えさせられるものもありました いわゆるツンデレな少女ですが ナルホド達と交流していくうち心を開いていくのはうれしかったです それだけに無実の罪で捕まった時は絶対に助けてやると思いました

画像

2ではなんとグレグソンの弟子になり 刑事になっていました

比較的に前より明るくなり それなりに警察の仕事をやっていたのだから驚きです

色々不遇な人生の彼女でしたが 前に進めてよかったと感じます

それでもスリだったころのクセが抜けてないのはどうかと思ったけど

そういえばナルホドは子孫がいるってことはお嫁さんができるってことですよね

まあスサトなんだろうけど(逆転裁判はメインキャラの恋愛があまり描かれない)

私とは当時の国際結婚がどうなのかわからないがジーナちゃんでもいいと思う

アソウギ

画像

ナルホドの親友 出番こそ多くないが ナルホドが弁護士になるきっかけを作った人物である ナルホドの信念や覚悟は彼から影響されたものあり アソウギ本人も優秀な人物でもある ナルホドが弁護士について色々悩んでるときにアソウギの言葉を思い出して前へ進めたりと なかなかの人物です

画像

物語全体を通して ナルホドとアソウギの友情には感動しました

できればこの二人の行く末を見たいきがします

他にもヴォルテックス卿とか様々なキャラクターがいますがさすがに全部は紹介しきれないのでここまでにします

気になった点

・このシリーズ全体に言えることですが やはりボイスはないのが残念です

あることはあるのですが 本当に一部のおまけ程度ですし(むしろ声がつく方に違和感があった) アイリスの声が聴けるのはEDだけって・・

ですがこれは仕方ありません 声優さんの費用も問題もありますし 何より全ての選択を含めるととんでもないテキスト量ですので 声優さんにもかなり負担になるでしょうね・・

・シャーロックホームズがでてきて 宿敵モリアーティがなかったのは残念です

もし大逆転裁判3があればぜひ採用してほしい

・1が出て2が発売されるまで2年あったらしいですね これリアタイ勢はかなりもやもやしたのではないかと思います・・

・これが私の最大の心配ですが

この作品がシリーズ最新作でありこれ以降

5年間全く完全新作が出ていないことです

この記事を書いてる現在も発表されていませんし 開発が行われてる話も全くなく

もしかして逆転裁判は終わりなのか・・?というファンから不安の声も少なくあります

いやあカプコンさん このシリーズを閉めるってもったいないですが

というか私は一度もリアルタイムで新作を迎えたことがないんですよ・・

本当始めたの最近だもの・・ ですが本作がそうであるように 近年では過去作の移植が出てますし これは新作が出る流れだと思いたいです

まとめ

これまでのシリーズとは繋がりのない完全新作シリーズとしてだいぶ楽しめました

恐らくプレイ時間は38時間くらいで(事実ゲーム2本分)ですし 久しぶりに

「記憶を消しても一度やりたいADV」をやったようなきがします

画像

できればまた彼らの活躍が見たいのですね

 

 

 

 

 

なぜ テイルズオブゼスティリアの「開発陣」は今も許されないのか

2015年 テイルズシリーズ20周年記念作として世に出た テイルズオブゼスティリア その内容に大きな話題となり やがてゲームだけでは済まされない前代未聞の大炎上となりました すでに7年前のゲームですが この騒動 誰の記憶にも強く残っていていまだに トラウマになっている人も多い

誤解しないでほしいのですが 私はこのゲームを批判する意図はありません 好きな人もいるだろうし 好みは人それぞれです

ただ当時の開発陣やバンダイナムコの態度は決して褒められるものではなかったと感じます

アリーシャ離脱について

メインヒロインだと思われていてアリーシャが序盤で離脱する 炎上の原因は大体これだと思われますが 離脱すること自体は問題はないです ゲームをすすめれば

アリーシャには必要なことだったとわかるので

しかし発売前のややこしい宣伝により「騙された」と思う人も少なくないでしょう

アリーシャの活躍を楽しみにしていた人になんのフォローもありません

私が腹を立ててるのは

このヒロイン騒動に対してバンダイナムコは「けじめ」をとっていないと考えています

確かに後のインタビューで馬場さんは「誤解を招いて申し訳ない」と謝罪していますし

なぜこのような形になったのか説明していますし それは納得のいくものでした

じゃあ今後はどうするのか これに対して全く答えがなかったのが問題なのです

このようなことは今後は一切しません ただそれだけ言えばよかったのにその一言すらなく 今後も同じようなことをやるのではないか?と不安を残してしまいました

だから最新作のアライズでもこのヒロインは最後まで使えるのかという 変なこと言う人がネットで現れるもんだから本当にうんざりする

というか馬場さん以外にしっかり説明するべき人(長谷D)とかいたはずですが

ほとんど出なかったですし バンダイナムコはあの騒動を紳士に受け止める気がなかったのが本当に悔しかったです

記憶に薄れずらい

テイルズシリーズは ゲーム以外でもアニメ グッズイベントなど様々なメディア展開をしていて ゲームクリア後でもキャラクターが物語に登場します

当然ゼスティリアのキャラクターも出てくるので それで当時のことを連想して思い出してしまうのではないでしょうか テイルズシリーズが終わらない限り記憶に薄れずらいのではないでしょうか

 

とはいえ今作のことを全く反省してなかったのではなく 宣伝にも気を付けるようになってきていると感じます

以上駄文でした

龍が如く 新作 3本が発表

龍が如く 維新! 極』は2023年2月22日発売。武田観柳斎を竹内力 ...

龍が如く維新 極 

龍が如くのキャストで贈った幕末時代劇のリメイクです 予想の斜め上のリメイクだったので驚きました しかしちょっと購入には迷うんだよな・・無印版は8年前の作品ですが十分クオリティの高い作品でしたし 何より僕がプレイしたのは本当に数年前なので記憶にもまだ新しいんだよな PVみた感じだとメインストーリーは変わってないっぽいし・・ あとライザのアトリエ3と完全に被ってるからそっちが優先になってしまうとかと思います なんだかんだで買うんだろうけど

龍が如く7外伝 名を消した男

これは完全に予想外だったので驚きました 恐らく6から7まで桐生が何をしていたかを描く作品になるかと思います

6のラストで表向きは死んだことになってる桐生ですが やはり未練があるのでしょうか しかも本作 私の予想ですが龍が如く8に繋がる何かと思います

龍が如く8」正式発表! 春日一番と桐生一馬のダブル主人公で2024 ...

龍が如く

ついにナンバリングタイトルが発表されました とりあえずつっこみたいことが二つあります

発売は2024年! 再来年かよ!

正直来年には出るかと思ってたのでショックがでかい・・まだ2022年の秋なんですけど・・でも来年は二つ新作が出るのでこれは 開発的にもむしろ 2年後は早い方なんだよな・・

桐生ちゃん その髪型どうした!?

カツラかもしれないけど 桐生ももう60が近いからなぁ・・にしてもイケメンすぎるけどさ 画像からわかる通り今作は桐生と春日のW主人公になること

この新旧主人公の共闘は熱いが龍が如く9くらいにも少し後でよかった気がするけど

今作の過去を背負う男と未来へ進む男というテーマ的には外せなかったらしい

短いPVですけど 春日が桐生を「桐生さん」と呼んでるのなんかうれしいですね

いやあこの二人の本格的な共闘楽しみだわ

 

充実した新作発表会でした しかしジャッジシリーズ(キムタクが演じる八神が主人公)の発表がなかったのは残念ですが・・

 

 

 

日本を舞台にしたアサシンクリード 最新作が発表

画像

日本の封建時代(戦国時代から幕末まで年代広すぎるけど)を描いたアサシンクリード最新作 アサシンクリードコードネームレッドが発表されました

ちょっとPVが流れるだけで多くの情報は出てないのですが・・

日本を舞台にしたアサシンが出る・・という噂は何年も前からあったのですが あまりに音沙汰がなかったので所詮噂だと諦めてたのですが ようやくという感じですね

やはり日本のアサシンは忍者なのか・・

発売についてはまず アサシンミラージュが先だと思われるので再来年以降でしょうか

龍が如く スタジオ 新作発表会!

 

龍が如くやジャッジアイズなどでおなじみの 龍が如くスタジオの最新作の発表が

TGSで行われます 正直今年は出ないのは確定ですので 来年ということになるでしょうけど

春日一番のその後を描いた話というのは確定しています

しかしこの2匹の龍が気になります 片方は龍魚といって龍のたまごみたいなもので

春日一番だと思われます しかしもう片方は立派な龍ですよね これは桐生なのでしょうか さすがにもう彼は引退だろうと思ってるのですが 維新のようなスピンオフだったりするのでしょうか もしかして新作発表は二つあるのでは・・