十三機兵防衛園 感想(ネタバレあり)

f:id:hinoasuno:20210123182100j:plain

アトラスから発売された SFアドベンチャーです 今作は発表から数年がたっており

途中でvita版の開発中止、続報が全くない期間もあり本当に無事に発売されるのかと不安な時もありましたが長く待ったかいがあった素晴らしい作品でした

なおこの感想記事は世界の真相やエンディングまで触れています

ネタバレを見たくない人やまだ購入されていない方はご注意ください 後悔しますよ!

システム

f:id:hinoasuno:20210123182844j:plain

今作は主に三つのモードに分かれている

主人公達の崩壊編までのストーリーをアドベンチャーパートの追憶編

世界を救うため バトルパートの崩壊編

これまでの物語と真実を整理してみることができる究明編です

どれもある程度進めると ロックがかかり一気に最後までやるのは不可能になっている

どれもわかりやすくシンプルな設定で いつでもセーブが可能なやりやすいゲームになっていた

ストーリー

f:id:hinoasuno:20210123183430j:plain

f:id:hinoasuno:20210123184840j:plain

様々な年代に住む10代の少年少女達が世界の終焉に抗う物語です 時系列がバラバラであり序盤は全く話についてこれず難解でした タイムワープも複雑ながら

実は複数の人物が同一人物だったり 逆にあのキャラが別人だったりとかする

物語が進むたびに あれってそういうことだったのか!と繋がった時物語の壮大さを感じた 詳しい感想はネタバレあり編で

f:id:hinoasuno:20210123184036j:plain

SF要素も楽しいながら 今作では十代の少年少女の青春物語でもあった

様々なことに翻弄されながらも 惹かれっていく主人公達は感傷深いものがった

というか登場人物の動機はほとんど恋愛感情だったと思います

自分は鷹宮と網口が好きでした

バトル

f:id:hinoasuno:20210123184907j:plain

崩壊編でプレイできる タワーディフェンス式のシュミレーションバトルとなっております この手の戦闘はやったことがなく楽しめるか不安でしたが やってみると

敵を一層した爽快感が気持ちよくいつの間にかハマッテました

機体の世代のよって 能力に違いあって それぞれどう生かすか考えるのは楽しかったです 

でもまあマルチロックミサイルを使えば大抵ななんとかなりました

意外に大活躍だったのは緒方の機体でボス級の敵には大ダメージを与えられ 空中の敵は引きづり降ろせるし 壁をつくれるし最強でした

 

真相

 

f:id:hinoasuno:20210123190126j:plain

歴史から説明すると人類は何万年前に滅亡しており 本作の舞台は 地球から

1200光前に離れた別の惑星RS13アルファ惑星の「仮想現実」です

タイムワープと思われていましたが 実際は年代ごとにセクター(区画)に分かれており実際は区画を移動しているだけでした

f:id:hinoasuno:20210123190814j:plain

主人公達は 実はクローンであり映像で見た大人の姿はオリジナルになった人物

肉体は生まれた時からポッドからでておらず 15人以外の人物はユニバーサルコントロールが管理するAIにすぎませんでした

本来なら仮想現実で地球の歴史を学んだ後 20で外へでて星を開拓するという計画でした

f:id:hinoasuno:20210123191759j:plain

ところがオリジナルの東雲によってセクターを破壊するプログラムが入れられました

これが今作の怪獣の正体であり セクターが全て破壊されると全てリセットされる

おおまかな説明になってしまうが 今作はそのループから脱却する闘いである

実はループにも限界がきており これが本当に最後のチャンスだったのです

f:id:hinoasuno:20210123192503j:plain

この二人はループから脱却したイレギュラーな存在だったんだね・・

結論から言うとこの物語は「郷登 蓮也」を除けば誰も悪人はいませんでした

中には卑劣な手段を使ってもこの世界を救おうと皆立ち向かっていたのです

エンディング

f:id:hinoasuno:20210123193420j:plain

闘いを終えて ポッドから出てきた主人公達 そこには緑あふれる世界が広がっていました 人類の歴史を紡ぐため新しい一歩が始まる これ2人しか出てこないんだけど

全員裸だったと思うとちょっと恥ずかしいですね

この5年後なんとセクター4とAI達の復元に成功して 久しぶりに故郷へ向かった主人公達 さらにAI達の肉体を作る計画も進んでいているだ

いままで嘘だった存在が真実へ変わり 誰もが報われるこれ以上ないハッピーエンドでした

f:id:hinoasuno:20210123194242j:plain

人類の新開拓という壮大な物語ながら きっちりと一作で完結させた 愛をかんじる名作でしたね これ時間がかかったのはグラフィックに相当くだわりを入れていて

なんとしても完成度の高いゲームにする制作スタッフの意気込みを感じました

ヴァニラ 次回作も期待しています